『4月の東京は…』ネタバレ ~ドラマチックに描かれる切ない初恋のゆくえ~|BL漫画おすすめ

とうふ
こんにちは!BL歴20年とうふです

初恋の楽しさとドキドキ、そして胸をえぐられるような切なさ…。読んでいて感情がリアルに揺れる、ハル先生の「4月の東京は…」をネタバレしながらご紹介します!

推しポイント

✔️ とにかくストーリーが素晴らしい。
✔️ 泣きたくなるような二人のセックスがヤバい。
✔️ 二人の表情にも引き込まれる。
✔️ストーリーがしっかりしているのでBL初心者にもオススメ!
✔️ 初恋、そして両片想い…。

目次

4月の東京は… BLジャンル

  • 初恋
  • 両片想い
  • 学生
  • リーマン
  • 切ない
とうふ
切なくて焦れったくて泣きたくなるような初恋が、これでもか!ってくらい丁寧に描かれています!

\ 最新刊までお得に読むならコチラ

4月の東京は…のオススメ評価

評価基準星ランク
BL初心者おすすめ
エロ・濃厚度
泣ける
笑える
切ない

4月の東京は… カップリング & 登場キャラクター紹介

滝沢和真×石原蓮(早乙女蓮)

滝沢和真(本編の攻め。中学二年のとき、両親の離婚をきっかけにアメリカから東京へ引っ越してきた。外見は日本人離れしているが、両親は二人とも日本人。性格は優しく温厚、そして一途。転職先の会社で蓮と再会する)

石原蓮(本編の受け。フランスに留学していた頃から色々なコンテストで賞を取っているデザイナー。綺麗な顔をしていて、頼れるみんなの王子様的存在。ある事件をきっかけに苗字が変わった)

🤍 ノンケ×ゲイ
🤍 初恋×初恋

とうふ
ゲイであることを中学二年生で自覚していた蓮と、ノンケだけれど蓮以外見えていない和真の初恋…!絶妙に焦れったくて切ない物語です!

ここから先はネタバレを含みます。ご注意ください。

\ 最新刊までお得に読むならコチラ

4月の東京は… ネタバレ

とうふ
2021年11月現在、まんが王国で配信されています。

中学二年生の初恋。

十年ぶりに日本へ帰ってきた滝沢和真は就職先の会社で初恋の人、早乙女蓮と再会します。けれど蓮は石原蓮と苗字が変わり、さらに和真のことをただの昔のクラスメイトとして扱い軽い挨拶を交わすだけ。忙しそうな蓮と深く話ができないまま、和真は同僚に蓮のことを聞き出します。自分のいなかった十年間、蓮がどうしていたのかが知りたい和真。

とうふ
和真と蓮の温度差の理由が後に明かされるのですが、知ると切ないこのシーン!

蓮はフランスに留学し、高校生の頃からコンテストで賞を取っていました。大学に通いながら今の会社に勤め、今では若くして会社のトップデザイナー。蓮が留学したことは母から聞いていた和真ですが、得られる情報は少なくて空白の十年間は中々埋まりません。

冒頭は謎だらけ。話がどんな方向に進むのかも分からないのですが、過去の回想が交ざりながらストーリーは進み、徐々に和真と連のキャラクターと心情が明らかになっていきます。

話は過去に戻り、二人は中学二年生。

両親が離婚したことをきっかけに母と東京へ引っ越してきた和真。もともと気が弱く、日本の学校への転校に怯えていた和真でしたが、クラスメイトの蓮に助けられ周囲とも上手く馴染んでいきます。

そんなある日、和真は蓮に花火大会へ誘われます。蓮と二人で花火大会に行ける!と浮かれたのも束の間。蓮は和真だけでなく他の友達も誘っていました。

二人きりじゃないことにがっかりしながらも和真は花火大会へ。けれど途中で人にぶつかり携帯電話を落として壊してしまい、みんなと合流できなくなります。

落ち込む和真の前に現れたのは蓮でした。蓮もまた携帯電話が使えなくなりみんなを探していたのだと和真に告げます。

そのとき、空に花火が打ち上げられます!人混みの中で自然と繋がれた二人の手。和真は二人きりで花火を見ながら自分の気持ちを素直に蓮へ打ち明けます。

とうふ
でも愛の告白じゃないんですよねー!

日本には来たくなかったこと、蓮に話しかけられて嬉しかったこと、これからも一緒に蓮といたい気持ち。でもそれは友人として…。和真は蓮と友達になれたことを純粋に喜んでいるようで…。そんな和真に蓮は「あのさ!もし俺が…」と何かを言いかけます。

とうふ
もしかして…このときから蓮は和真のこと好きなの!?

二人の初恋が再び…

中学三年生になったある日、二人の共通の友人、秀に彼女が出来たことをきっかけに二人の関係が動き出します。

自分も女の子と付き合いたいと言う和真に蓮は「セックスもしたい?」と問いかけます。この頃からだんだんと蓮の様子がおかしいと思い始める和真。そんなとき、和真は蓮の携帯電話に送られてきたあるメッセージを見てしまいます。そこには、ラブホテルの名前と待ち合わせ時間が…。

蓮に彼女が出来たのだと思った和真は気になって待ち合わせの時間にラブホテルまで来てしまいます。しかしそこに現れたのは蓮と、見たこともない男性で…。飛び出した和真は蓮を連れ戻そうとしますが、蓮は自分がゲイであることを明かし、セックスがしたいから邪魔をするなと和真を突き放します。すると「ただセックスがしたいだけなら俺としよう!」そう言って蓮の腕を離さない和真…。

とうふ
このシーン、二人の表情も印象的なのですが、セリフの丁寧さがとても素敵なんです…

このときのセックス、その後が話の大きな起点となります!

和真は雨が降る中で蓮を待っていたせいか次の日高熱を出し病気になってしまいます…。病のせいで意識を失い入院する和真。そして和真が入院している間に起きる数々の辛い出来事…。

ネタバレ記事なのですべてを書いてしまいたいのですが、このエピソードの衝撃はネタバレを読まずに本編を読んで胸をえぐられるような気持ちを体感してほしいです!蓮の見ていてツラくなるほどの自己犠牲。そして和真への一途な気持ち…。

とうふ
早く幸せになってくれ…という気持ちでいっぱいになります…

話は過去編を交えながら現在と交互に進んでいきます!

現在では和真が嫌味な上司に振り回されたり、蓮に助けられたり、友人の秀と再会したり…そして蓮のことが好きだという八神龍之介の存在を知ることになります。

和真と蓮は穏やかに、まるで十年前の学生時代のときのように楽しく日々を過ごしますが、十年前のことにはお互い触れないようにしていました。けれど和真は、再会した秀との会話や蓮の態度に疑問を抱き始め、十年前のことを、自分が入院している間のことを知ろうと決心します。

とうふ
でもそんなときに限って蓮が忙しくなって海外に出張しちゃうんです!

十年前のことを話せないまま蓮は海外へ…。

痛いくらいに健気な蓮の想い。

海外出張から帰ってきた蓮を迎えに来た和真は、蓮の隣に八神龍之介がいることに気付きます。

とうふ
蓮のことが好きすぎる和真…八神に挑発されてストーリーはまた大きく動きます…!

八神の帰国をきっかけに、二人は再び身体の関係を持つようになります!けれどその関係性は「セフレ」で…。

とうふ
な、な、なんでー!?こんなにお互いがお互いのことをめちゃくちゃに愛しているのになぜそうなった…。

時系列として、一巻の終わりでの二人の関係は「セフレ」。十年前のことを和真に知られたくない蓮が「昨夜のセックスはセフレとしてだ」と言ったことで二人の関係は恋人ではなくセフレになってしまいます。過去の回想後にそのときのセックスのシーンが描かれているのですが、これがもう…とにかく切ない。お互いのことを好きすぎる二人のセックス…。会いたかった、と和真は素直に告げますが、けれど直接的な言葉は交わされることがなく、蓮も自分の気持ちを和真へ告げることはありません。けれど!表情や言葉にぎゅうぎゅうに詰め込まれた気持ちが…!

とうふ
泣きたくなるようなセックスシーンに思わず息を止めてしまいます。

ストーリーが進んで二人の過去が明らかになるにつれ切なさと苦しさが増していくこの作品。上巻を読んだ後すぐに下巻に手が伸びること間違いなしです!二人が幸せになるのを見届けないと夜も眠れません…!!!

\ 最新刊までお得に読むならコチラ! /

4月の東京は…が読める漫画サイトの一覧

2021年11月現在の各サイトでの配信状況をまとめています。

それぞれの電子書籍サービスの特典もまとめていますので、ぜひ参考にしてくださいね!

サイト名配信状況特典

配信あり 最大50%のポイント還元 詳細を見る

配信あり 登録無料・半額クーポン 詳細を見る

配信あり 半額クーポン6回・Paypay特典詳細を見る

配信あり 初回100冊まで半額・ポイント還元詳細を見る

配信あり 600P・翌月40%還元・31日間無料詳細を見る

表を見ていただいたとおり、「4月の東京は…」は、まんが王国で配信中です。

上記の表から一番オススメなのは最大50%のポイント還元でお得に買えるまんが王国です。

まんが王国では、独自のポイント制度でポイント購入還元最大30%、ポイント使用還元最大20%。

合計50%の還元があり、実質半額で漫画を読み続ける事が出来ます!

とうふ
さらに、毎日2回引ける「おみフリ」というおみくじ機能で割引があるよ

会員登録は無料でできますので、まずは試しに登録して楽しんでみてくださいね!

まんが王国のBL漫画ジャンルでは、他のサイトで扱っていない独占作品や、

先行配信でどこよりも早く読める作品が多数ありますので、

会員登録は無料でできますので、まずは試しに登録して楽しんでみてくださいね!

\ 最新刊までお得に読むならコチラ! /

4月の東京は…の感想

感情を揺さぶられる漫画が読みたい、と思ったらぜひこの漫画を読んでほしい…。

巻末ではなく冒頭に作者のハル先生が「最後のページの最後の一コマまで丁寧に描きます」と書かれていて、珍しい導入だな、と思ったのですが、読み終わってみるとハル先生の言葉にいっそうの重みが感じられる作品でした。

本当に、すべてが丁寧に描かれています。

中学二年生の和真と蓮の、初恋をしているときの生き生きとした表情、楽しさ、そして少年である二人を包む世界の残酷さ。

とうふ
作りこまれたストーリーに圧倒されます!

中学生という年齢だからこそ、ゲイであることを自覚し成熟していた蓮と、子供っぽい初恋を鈍い自覚の中で楽しんでいた和真の対比も素晴らしかったです。

そしてなによりセックスシーンが泣ける…!なんで!なんでそこでセフレなの!お互いこんなに好きなのに!?
つらすぎて思わず漫画に向かって突っ込んでしまうレベルです。

とうふ
泣きたくなるようなセックスシーン…全人類に読んでほしいです…。

切ないからこそのエロさというのも描かれていて、なんというか…最高でした…。好きな相手、しかも初恋、片想い、そんな相手を抱いて抱かれて、身体は満たされるのに切なくてたまらない…

とうふ
うっ …!

好きでしょ!?そういうシチュエーション大好きでしょ!?私は好きです。

4月の東京は…の口コミや評判

ここからは、4月の東京は…の口コミや評判をまとめます。

まとめ

「4月の東京は…」は2021年11月現在まんが王国にて配信中です。

こちらの記事ではネタバレについて触れましたが、この漫画はぜひ絵付きで読んでみてください!

とうふ
上巻を読み切った次の瞬間にはもう下巻に手が伸びてしまいます…

重くのしかかってくるようなストーリー、切なさを訴えるキャラクターの表情、感情を揺さぶられるセリフ。すべてに圧倒されました…

一本の映画を劇場で観ている感覚です!

BL漫画初心者の方にもぜひ読んでほしいこの作品。BL漫画という枠を超えて、人を人が本気で愛するということを感じられる作品でした!

切ない、焦れったい、だけの言葉では伝えきれない本気の初恋!ぜひ読んで体感してみてください!

こちらの作品は「4月の東京は…上・下」に続き、八神の恋を描いたスピンオフ「東京ー四季ー」も配信されています!和真と蓮のその後も収録されているので、そちらもお楽しみください!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる