『捕食対象ひなどりくん』ネタバレ~アイドルならではのシチュがたまらない!~ |BL漫画おすすめ

とうふ
こんにちは!BL歴20年とうふです

アイドルBL!みよしあやと先生の「捕食対象ひなどりくん」のネタバレと感想を紹介します!

推しポイント

✔️ アイドルBL好きにはたまらない!
✔️ 雄っぽい攻めが最高!
✔️ 溺愛ドS攻め?!
✔️ 初恋こじらせ受けがかわいい!
✔️ 可愛い系の顔なのに身長高めの受けがイイ!

目次

捕食対象ひなどりくん BLジャンル

  • アイドル
  • 芸能人
  • 年上攻め
  • ドS攻め
  • 溺愛

とうふ
アンコール前…楽屋で…アイドルならではのシチュ最高か!

\ 最新刊までお得に読むならコチラ /

捕食対象ひなどりくんのオススメ評価

評価基準星ランク
BL初心者おすすめ
エロ・濃厚度
泣ける
笑える
切ない

捕食対象ひなどりくん カップリング & 登場キャラクター紹介

中塚 鷹臣(アイドルグループのリーダー)×成川 陽太(アイドルグループのボーカル)

🤍 年上×年下
🤍 Sっ気×天然

とうふ
グイグイ迫りながらも受けを大事にする攻め、最高

ここから先はネタバレを含みます。ご注意ください。

\最新刊までお得に読むならコチラ /

捕食対象ひなどりくん ネタバレ

とうふ
2021年11月現在、まんが王国で配信されています。

初恋こじらせ受けにグイグイせまるS攻め!

とうふ
”可愛い”を手放さざるをえなかった主人公

“奇跡のエンジェルボイス”として、小さい頃に芸能界で歌っていた主人公の陽太(ひなた)はメンバーの白馬(はくば)君に淡い恋心を抱いていましたが、陽太は声変わりをきっかけに芸能界を引退してしまいます。

その数年後、陽太は事務所の計らいでヒール系ダンスボーカルユニット「リダストレボ」のボーカル”Yo-ta”として再デビューを果たします。

しかし、そんなYo-taの目下の悩みは正統派アイドルデュオ「スターナイト」として活動する白馬(はくば)君の存在。

ライブ中はどうしても目で追ってしまうし、話しかけられると上手く受け答えできません。

Yo-taのことを昔のように優しい笑顔で”ひな”と呼ぶ白馬君にドキドキさせられっぱなし。

とうふ
可愛くなくなったとおもっていても、白馬君を見つめる陽太は十分かわいいんですよね…

そんなYo-taの恋心を敏感に察知したのはリダストレボのリーダー鷹臣でした。

ライブに身が入らないYo-taの胸ぐらをつかみ、舞台の上でいきなりキス!!

とうふ
うおおおおおおおおお

ファンサの一貫だと言い張る鷹臣にたじたじの”陽太”。白馬へ思いを寄せる陽太に鷹臣は「タチネコどっちだ」と質問しますが、初心な陽太は意味がわかりません。

じゃぁ教えてやるよと、陽太の部屋でキスの続きを始めようとする鷹臣…!

白馬君への失恋をきっかけに急接近するけど…?!

セキュリティの問題で同じマンションに住う陽太、鷹臣、白馬の3人。

鷹臣の忘れ物を届けようと部屋を訪れた陽太は、そこで鷹臣と同じフロアに住む白馬が「スターナイト」の片割れ、美心(びしん)と恋仲にあることを知ってしまいます。

とうふ
そんな気はしていたけどね…

取り乱す陽太を自室に引き入れる鷹臣。

声変わりや体の成長により”可愛く”なくなってしまった!

自分も白馬君の腕の中に収まるくらいの小ささでいられればよかったのにと嘆く陽太。

落ち着くとともに”失恋したこと”を自覚した陽太は、傷ついて強くなてやる!とばかりに、鷹臣にセフレの関係になることをもちかけます。

とうふ
なんでそうなるwwしかしこの暴走で話が動きます

その誘いに乗るように陽太を性的に翻弄する鷹臣ですが、経験のない陽太に対しギリギリのところで手をひきます。

手加減されていることを悔しがる陽太と陽太の無茶に付き合ってやってるつもりの鷹臣でしたが、徐々にお互い「抱かれたい」「抱きたい」という思いがとめられなくなっていくのでした。

そしてある時陽太は、それまで会話するだけでドキドキしていた白馬と普通に話せるようになっていることに気づくのです。それって、つまり…。

とうふ
そういうことだ!!

1巻は寸止め!2巻で遂に結ばれます!!

白馬への気持ちの整理と鷹臣への恋愛感情に気づいた陽太は、自分たちからファンへの愛!としてライブの演出で会場に投げるボールを、鷹臣にむかって投げます。

会場からは黄色い声が!陽太からの公開告白をうけ、鷹臣はアンコール前の楽屋で陽太に好きだと告げるのでした。

とうふ
確信犯的にボールをぶつける陽太がかわいい!

こうして結ばれた二人でしたが、実は鷹臣、陽太を大事にするあまり本番行為に至っていないのです!

美しい作画と魅力的なキャラクター達の物語に、うっかり未挿入だったことを失念させられていたのですがそうは問屋がおろさない!

とうふ
読み切りも含めてほくほくした読了感にすっかりうっかり…

というわけで、2巻は初夜を期待し迫る陽太と、ボーカルの喉は潰せないと、時期を見計って抱き潰そうと計画する鷹臣の攻防をベースに、

何が起きても結局両思いな二人が話を進めていきます。

とうふ
抱きつぶすとか・・・・!!!

鷹臣の過去や無事初夜を迎えた後に陽太の勘違いから勃発するすれ違いからのお互いの感情のぶつかり合いは切なさMAXです!

\最新刊までお得に読むならコチラ /

捕食対象ひなどりくんが読める漫画サイトの一覧

2021年11月現在の各サイトでの配信状況をまとめています。

それぞれの電子書籍サービスの特典もまとめていますので、ぜひ参考にしてくださいね!

サイト名配信状況特典

配信あり 最大50%のポイント還元 詳細を見る

配信あり 登録無料・半額クーポン 詳細を見る

配信あり 半額クーポン6回・Paypay特典詳細を見る

配信あり 初回100冊まで半額・ポイント還元詳細を見る

配信あり 600P・翌月40%還元・31日間無料詳細を見る

表を見ていただいたとおり、「捕食対象ひなどりくん」は、まんが王国で配信中です。

上記の表から一番オススメなのは最大50%のポイント還元でお得に買えるまんが王国です。

まんが王国では、独自のポイント制度でポイント購入還元最大30%、ポイント使用還元最大20%。

合計50%の還元があり、実質半額で漫画を読み続ける事が出来ます!

とうふ
さらに、毎日2回引ける「おみフリ」というおみくじ機能で割引があるよ

会員登録は無料でできますので、まずは試しに登録して楽しんでみてくださいね!

まんが王国のBL漫画ジャンルでは、他のサイトで扱っていない独占作品や、

先行配信でどこよりも早く読める作品が多数ありますので、

会員登録は無料でできますので、まずは試しに登録して楽しんでみてくださいね!

\ 最新刊までお得に読むならコチラ /

捕食対象ひなどりくんの感想

1巻の表紙を見たときに、受けの子がぽやぽやちっちゃくて天然可愛い系なのかなと思っていたのですが、いい意味で裏切られました!

なんと言っても受けの顔が可愛いのに体格が攻めよりちょこっと大きいのがめちゃくちゃ萌えです。

とうふ
↑ここポイント

アイドルなので「ごつい」わけじゃなくてあくまでも背が高い。

男の子的には完璧にかっこいいのに「受け」なのがめちゃくちゃ萌えです(萌えとしか言えない語彙力)。

とうふ
キスするとき下から鷹臣がぐいっと、陽太を寄せる仕草がいい…

性格も、ぽやぽや天然でありながら、気が強いのがいい!鷹臣にSっ気だされても、「負けません!」とばかりに対抗してくるのがなんとも可愛らしい。

鷹臣が溺愛するのもわかるわ……。

そして鷹臣は、めちゃくちゃ雄でかっこいいんですよね。

カッコつけているって感じではなくて、素のイケメン力が強い。

性的にもなかなか強そうな彼が、陽太のことを思って我慢していると思うとそれだけでくるものがありますね。ごちそうさまです。

とうふ
そしてなによりアイドルもの!

街中を大手を振って手を繋いで歩くことはできないけれど、撮影の裏で、機材の物陰で、控室で、ダンスルームでと、本番行為はしていないものの隙さえあればなにやら怪しい雰囲気になっちゃうところがアイドル・業界ものBLの醍醐味ですよね!

遂に初夜を迎える2巻では、鷹臣の過去も描かれます。

その運動神経と筋肉美は、ダンスだけではなかったのね……という前職が明らかに。

その前職の性なのかもともとの性格もあるのか、初夜を迎える前に一波乱。それでも初夜を強行できちゃう体力バカな攻めっていいですね。

捕食対象ひなどりくんの口コミや評判

ここからは、捕食対象ひなどりくんの口コミや評判をまとめます。

まとめ

「捕食対象ひなどりくん」は2021年11月現在、まんが王国にて配信中です。

声変わりと成長から”可愛くなくなった”ことを受け入れてヒールアイドルに徹する陽太がオフのときに見せるぽやぽやした天然ぷりに、「君はそのままで十分可愛いよ!!」と言ってあげたくなること間違いなし。

そして、そんな陽太を性的に翻弄しながらも実は絆されてしまってる鷹臣の作られたものではないSっ気溢れるイケメン力に「こんなの落ちない受けはいない」と確信させられること、間違いなし。

とうふ
つまり、間違いはないということ(キリ!

きちんとストーリーがある作品なので、絡み重視のBLが苦手という人も満足できる読み応えです

1巻は「お付き合いするまで」が描かれているので、二人のこれからをまるっとまとめて読みたい人は是非、2巻まで、絵つきで堪能していただくことをお勧めします!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる