振り込め詐欺~不審なハガキに注意

県内では、「著作権侵害訴訟最終通知書」などと題するハガキが郵送されています。ハガキには「著作権侵害の訴訟準備期間に入りました。このまま連絡なき場合、原告側の主張が全面的に受理されます」などという内容や「日本著作権保護協会」等という機関の連絡先等が記載されています。

記載された連絡先に電話をかけてしまうと、犯人は「訴訟を回避するため、お金を振り込んで下さい」などと、言葉巧みにお金をだまし取ろうとします。(架空請求の手口です。)

被害に遭わないために、このようなハガキが届いたら詐欺を疑い、決して記載された電話番号に連絡しないで下さい。