その他

COOLCHOICEなご提案 その②

皆さん、打ち水の正しい方法をご存知ですか?

打ち水=湿度が高くなって逆に暑くなる、
といった印象の方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、正しい打ち水の方法をご紹介しますね。

<用意するもの>
お風呂の残り湯や雨水

<打ち水に適した時間>
朝、夕方、夜(=陽が高くない時間)

<打ち水に適した条件>
散水場所が日陰であること
散水場所が土であること
ベランダやテラスなどの窓の近く

<例>
夕方帰宅したら、家の周りへ散水する。
その後、家の窓を開け、換気する。
すると室内を涼しい風が通り抜けます。

ぜひ正しい方法の打ち水をして、
夏の雰囲気を楽しんでくださいね!

クローバーメディアは【地球温暖化対策のための国民運動「COOLCHOICE( =賢い選択)」】を応援しています。