志木市

国の幼児教育・保育の無償化事業をさらに充実!志木市独自の子育て支援策を実施します!

市では、2019年10月から開始する幼児教育・保育の無償化事業を志木市独自の子育て支援策でさらに充実させ、子育て世代の負担軽減を図り、子育てしやすいまちを目指します。

■低所得世帯と多子世帯の子どもに対する食材料費の補助■
・国の定める副食費免除対象者(3~5歳児のうち年収360万円未満相当世帯及び全所得階層の第3子以降の子ども)に対し、市独自の施策として主食費も補助
・認可外保育施設等の利用者のうち無償化の対象者(3~5歳児で保育の必要性の認定を受けた子ども)で、年収360万円未満相当世帯及び全所得階層の第3子以降の子どもに対し、市独自の施策として主食費・副食費を補助

<補助対象費用・補助上限額>
主食費:月額3,000円/人
副食費:月額4,500円/人

<影響額>
500万円(2019年10月~2020年3月)

<対象者数>
290人
・新制度移行幼稚園・民間保育園・認定こども園 120人
・公立保育園 50人
・未移行幼稚園等 110人
・認可外保育施設等(認可外保育施設・一時預かり事業、病児保育事業、ファミリー・サポート・センター事業) 10人

■制度の穴に泣く、いわゆる幼児教育類似施設の子どもに対する補助■
・無償化事業の対象外施設である、いわゆる幼児教育類似施設のうち、本市の子育て施策に長年貢献してきた施設に通園する3~5歳の志木市の子どもに対し、市独自の施策として保育料を補助

<補助対象経費・補助上限額>
保育料 月額24,000円/人

<影響額>
160万円(2019年10月~2020年3月)

<対象施設>
KFG志木キリスト協会附属シャローム幼児学園(志木市下宗岡1-11-5)
昭和46年2月25日設立
通園児童:12人(志木市9人・富士見市2人・朝霞市1人)

<対象者数>
9人(内訳:3歳1人・4歳4人・5歳4人)

関連サイト
http://www.city.shiki.lg.jp/index.cfm/51,91402,c,html/91402/20190828-105229.pdf